YouTube みむトーク

初段が九段に勝つのは当たり前です!

「10才の子供に九段が負けるなんて情けない」というコメントを頂いたので、それについて少し喋ってみました。

 

囲碁のプロは初段と九段でも互先で打ちますし、段が上がるのは成績の積み重ねで、最高到達地点を表すものと考えれば良いと思います。

そしてプロ初段は実際よく九段に普通に勝っていました。予選の対局がこれほどクローズアップされることが今まで無かった為、目立たなかったのです。

 

囲碁棋士の世界は年齢が全く関係なく、10才と50才でも盤を挟めは対等です。子供が世界チャンピオンになることも不思議がないのです。

学習環境の変化で低年齢化が加速していますので、スミレちゃんに限らず、今後さらに皆さんの常識を超える事象が、増えてくるかと思います。でも私たちオジサン棋士も負けずに頑張りますよ!

-YouTube, みむトーク

© 2020 ⚪⚫三村囲碁JP⚫⚪