Masterの60局感想

Masterの棋譜感想34

更新日:

小目からの二間ジマリ、カタツキから一間トビと位を高く構えておいて、後から三々に入ったり、黒45等と潜って地にカラく打つ手法は「ブラックホール」に似ていると、前から思っている。

 

星にいきなり三々に入る手は、徐々に僕らの対局に使われ出している。若い選手ほど抵抗無く打っていると思う。

私個人としては、よく理解出来ないうちには使う気は起きない。相手に打たれる事を常に覚悟しておくのみだ。

 

AI登場の影響に限らず、現代の囲碁感覚の変化は急速だ。この驚くべき手も数年のうちに常識化されるだろう。

そして黒17の攻撃も印象的だった。この場面は自分でも何度も打ったことがあるが、全く思いつけなかった非常に厳しい発想だ。

 

 

-Masterの60局感想

Copyright© 三村囲碁JP , 2017 All Rights Reserved.