人工知能の囲碁

Masterの棋譜感想27

投稿日:

Masterが白を持った碁では、僅差の作り碁になることが多い。本局も最後は半目勝ちとなっている。

少し余裕がある状況から、わざと損をして半目勝ちにしようとする傾向が、元々モンテカルロプログラムにはある。Masterはじめ最近の強いプログラムにはそれが少ないと思っていたが、多少は残っているのかもしれない。

さらに、ユルんだのではなく凡ミスだったのでは?と思わせる手順が終盤にあった。真実はどうなのだろうか?

AIの碁の強みとして、形勢判断の正確さがよく言われている。

形勢判断を正確にするためには、ヨセを正確に打てなくてはならない。人間の場合はそこは直結している。仕上がりを正しく想定できるから、正しい数字が出せる。

AIは勝率を計算することはしても、何目差なのかは気にしない。ここを変えることはできないのだろうか。

ゆるまず最大差で勝つ様にヨセる設定をしてもらえると、我々の勉強のためには非常に助かるのだが。

 

 

-人工知能の囲碁

Copyright© 三村囲碁JP , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.