Google DeepMind Challenge Matchの感想③

何とAlphaGoは3連勝した。

1局目よりも2局目が、そして3局目は更に圧倒された様に見える。

イ・セドル九段は前の2局よりも激しく仕掛けた。AlphaGoはそれを吸収するかのように柔らかく対応した。早い時期で優位を築いた後チャンスを与えなかったと思う。

 

そしてコウも問題なくこなした。無条件で取れていた石をコウにしたのが気になったが、形勢が逆転するミスで無ければAlphaGoの場合ミスでは無い、と言える。

 

 

まだ3局見ただけだが、強すぎるとしか言えない。打ちながら毎局強くなっている、と言うことは無いだろうか?

イ・セドルさんに3連勝出来る人間なんて殆どいないし、勝ち方の内容が圧倒的で美しさすら感じる。

 

人工知能が打つ囲碁の強さについては、囲碁が強い人ほど良く解っていることだろう。

日本の第一人者井山裕太さんのコメントで「常識はずれと言われたAlphaGoのいくつかの手は、私にはそれ程違和感が無かった。とあった。

イ・セドルさんもきっとAlphaGoの囲碁の強さ、感覚の優秀さを誰よりも感じているだろう。僕らが見るよりもずっと。

そう、かつてイ・セドルさんがデビューした頃の碁でも、今井山さんが日本のタイトル戦で勝ちまくっている碁でも、僕ら一般の棋士の度肝を抜く手を常に見せている。見えているものが違うのだ。

 

さて、まだ後2戦ある。是非セドルさんが勝つ所を見たいが、違う気持ちも湧いて来ている。

かつて大先輩である日本の棋士が言った「彼が強くて勝てないならば、彼から学べば良い。」自分よりも優れているものを素直に認め学ぶ姿勢だ。

 

4局目、私はネット中継の解説をする。AlphaGoの強さの秘密はどんなところにあるのか?じっくり見つめてみたい。

SPONSORED LINK
Translate »